ニューヨーク・タイムズ

バイデン大統領が8,000万人のアメリカ人労働者にワクチン接種を義務付ける権限は、連邦政府に職場での「重大な危険」から従業員を保護する権限を与える51年前の法律を初めて適用したものである。https://t.co/9T7VOzgyoo